受付時間

西田整骨院 0482650232

足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足の裏の部分が痛くて足を着くことが辛い
  • 足の裏のかかと寄りの部分が押すと痛い
  • 足の裏の部分の痛みが長期間続いている
  • 歩行時に足の裏が痛くて長い時間は歩けない
  • 他院による治療を受けても痛みが軽減しない

なぜ足底筋膜炎になるのか?|川口市の西田整骨院

現代人は外出時に靴を履きます。

靴というものは基本的に足のアーチ機能を損なうものが多いため、バランス力、身体全身の姿勢保持力、バランス力、俊敏性を損なう事になり易いのです。

足はとても細かい骨の集合体として構成されていて、とても精緻な機能を果たしています。

かかと、母趾球(ぼしきゅう)、小趾球(しょうしきゅう)の骨で立って荷重し、足の指を使って歩行する事で足の裏の足底腱膜が張ってアーチを形成し、全身のバランスを取り、正常な姿勢形成へと繋がります。

しかしながら、現代人が履いている靴は、足底腱膜の張りでアーチを形成させるものではなく、足の精緻な機能を奪い、バランスを失い全身の姿勢を歪めてしまいます。

この状態は足底腱膜が弛緩と収縮を同時に起こり、炎症を来す事になるのです。

足底筋膜炎を放置するとどのようなリスクがあるのか?|川口市の西田整骨院

足底腱膜を放置すると、足の裏部分の痛みが長期間に及び、足を着くことも困難になり、歩けなくなる事もあります。

更に悪化すると、足底腱膜の付着部分のかかとの骨が変形しトゲのようになってしまうと(骨棘形成)、外科的手術の対象と言われるケースもあります。

足底筋膜炎を治すためにはどのような施術が必要なのか?|川口市の西田整骨院

治療では、腰から脚全体の筋肉緊張を取り、足の裏の足底腱膜の過剰な緊張を緩め、血流の改善により痛みを軽減させていきます。

足の機能の低下は、全身症状として波及しているため、身体全体を捉える視点が必要です。

更に、履物のチェックと足裏のアーチ機能を引き出す「3点バランスインソール」を使用して、重力の影響から全身を守る術をお伝えしています。

西田整骨院の足底筋膜炎施術法|川口市の西田整骨院

西田整骨院では、「吸い玉×オイル療法×骨盤矯正」で、足底筋膜炎の原因にアプローチを行います。

西田整骨院の施術の6つの特徴

  1. ①吸い玉
    血行障害を起こし凝っている部分を、ガラスの真空容器で吸い上げることで細胞が活性化し、生命力が湧く療法です。
  2. ②オイル療法
    マッサージ専用オイルで、骨盤から脊髄に沿って擦り込むことにより骨と骨の間にオイルが浸透し、ズレた骨の動きがなめらかに動くようになります。
  3. ③骨盤矯正
    主に、骨盤と後頭骨をソフトに矯正し「骨格のバランス」を整えることで「神経の情報伝達機能」や「脳脊髄液の循環」を正常な状態に回復させて、自然治癒力を高めて心身の不良を改善します。
  4. ④筋膜リリース
    硬くなった筋肉をほぐすために、筋肉の表面にある筋膜にアプローチすることで、筋肉を緩めていきます。トリガーポイント(引き金)となっている部位を見つけ出し、そこにアプローチすることで症状の改善を図ります。
  5. ⑤姿勢改善と運動療法
    当院は、痛みを取るだけでなく、痛みが出にくい身体を作るという予防にも力を入れております。そのために、自宅でもできる運動指導と姿勢の確認を定期的に行い、今まで以上の健康な身体へ導いて行きます。
  6. ⑥インソール指導
    履物による足への悪影響が全身に及ぼすことをお伝えしております。足本来が持つ機能を引き出すことで、身体を支え重力の影響に負けないきれいな姿勢を作っていきます。その際に、インソールを使って姿勢改善をさせていただく場合があります。座る姿勢の時間が長い方には、骨盤を矯正するための座布団の指導も用意しております。

また、当院は、患者様に寄り添い、二人三脚で歩んで行くことができるように心掛けております。

症状の改善に向けて患者様と共に歩み、痛みのない身体、真の健康体、再発しにくい身体作りに精一杯お答えしたいと思っております。

「吸い玉×オイル療法×骨盤矯正」で痛みの原因となっている箇所の特定をおこない、適切にアプローチをおこなうことで、足底筋膜炎の早期回復を目指します。

足底筋膜炎でお悩みの方は、是非一度当院にご相談ください

お問い合わせ

西田整骨院

048-265-0232

住所
〒333-0861
埼玉県川口市柳崎1丁目8-24
アクセス
東浦和駅より 蕨駅行き 又は  西川口駅行き に乗車約10分或いは 蕨駅より 東浦和駅行きに乗車約15分 「伊刈消防署」下車 1分

受付時間